やっぱり鰻重か鰻丼が食べたい

夏のスタミナ食といえば、やっぱり鰻ですよね。
土用の丑の日は鰻屋さんに行くと混むので食べませんが、それでも昔はひと夏に数回は食べていました。
でも鰻の値段が高騰してからは、ほとんど食べていません。
最近で覚えているのは、一年ぐらい前に鰻のひつまぶしを食べたぐらいです。
鰻重や鰻丼はもう何年も食べていません。
江戸時代だったと思いますが「鰻を買う余裕がない人が鰻屋さんの近くで匂いを嗅ぎながらご飯を食べた」という小話を聞いたことがあります。
鰻の蒲焼のタレの匂いは食欲をそそるし、タレのかかったご飯は本当においしいですよね。
私は穴子の押し寿司も好きですが、あのタレと鰻の蒲焼のタレを比べると、やっぱり鰻のほうがおいしいと思います。
鰻の値段が高くなってからは、安価なさんまの蒲焼が代替品としてアピールされていますが、やっぱり鰻のほうがスタミナがつきそうですよね。
最近スーパーで見かけてびっくりしたのが、魚のすり身を鰻の蒲焼のような形にしてタレをかけたものです。
見た目も蒲焼そっくりで味はタレそのものなので、実際に食べたらおいしいと思いますが、たぶん本物の蒲焼のようなふっくら感はないような気がします。
鰻はビタミンAが豊富で栄養があるし、今年は何とかして鰻重か鰻丼を食べたいと思っています。

>>うな重もいいけど気になるマリンビーンズの口コミ